東大英語の参考書

この記事では私が英語の勉強で使用した参考書を評価していきます。
評価するのは、単語、文法、英文解釈、長文読解、そして英作文とリスニングです。

			
sponsord link

難易度表
1 初学者向け
2 基礎固め
3 センターレベル
4 国公立2次レベル
5 難関私大以上(東大には不必要)

単語

DUO 3.0
DUO 3.0
DUO 3.0 / CD復習用
DUO 3.0 / CD復習用

オススメ度:☆☆☆☆
難易度:2~4
使用時期:春~

これを使うにはそれまでに1冊基礎レベルの単語帳を終わらせていることが望ましい。(速読英単語必修編やデータベースなど)

この本だけでは基本レベルの単語に漏れが生じます。2次レベルに対応するための本です。

単語帳単体としては単語の意味の掲載もやや少ないかという印象で、適宜辞書で補いましたが(そこまでしなくても難易度的には大丈夫とは思いますが、私はやりました。)

この本のすばらしいところは別売りのCDにあります。CD1枚に本の内容すべてが収められているので、CD1枚分の時間だけで復習が可能だからです。

この本を使用する際は必ずCDも購入しましょう。

スピードもリスニングの練習にちょうどいい、やや早めのスピードです。私は移動中の電車の中でこのCDを聞きながら勉強しました。

文法

Next Stage 英文法・語法問題 3rd edition
Next Stage 英文法・語法問題 3rd edition

オススメ度:☆☆☆☆
難易度:3~4
使用時期:春~

読解の基礎となる文法知識の定着には最適な本の1つだと思います。
この本も使用するには一通り文法の勉強を終わらせていることが望ましいです。

左ページが問題集、右ページが解答なのでわざわざ解答を見るためにページをめくる必要がなく、復習の効率がよかったです。内容の網羅度も申し分ありません。

「英文法・語法のトレ-ニング2 演習編」
オススメ度:☆☆
難易度:☆☆☆☆~☆☆☆☆☆
勉強を始めたときに購入したこの本ですが失敗でした。あまりに難易度が高く、国公立2次向けではありません。必要なのは読解の基礎となるような重要事項の定着でしたので。この本に掲載されている問題はまるでクイズのような細かいものです。

英文解釈

ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式
ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式

オススメ度:☆☆☆☆
難易度:4
使用時期:夏、秋~

1文で2~3行にわたるような難しい文章の構造を読み解くために使います。
自分は比較的得意だったのであまり使用しませんでしたが、いい本であることは間違いないです。英文和訳の練習にも使えます。むしろこっちをメインで使いましたね。

長文読解

やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)
やっておきたい英語長文500 (河合塾SERIES)

オススメ度:☆☆☆☆
難易度:3~4
使用時期:春~秋

なんてことはない長文問題集です。レベル的には500でちょうどいいんじゃないでしょうか。700は使用しませんでした。500だと、1題あたり15分±3分で7割正解が目標です。

ディスコースマーカー英文読解

オススメ度:☆☆☆☆☆
難易度:4
使用時期:秋~

最もオススメしたい参考書。英語の情報構造を活用し、要旨をすばやく読み取る方法を学ぶことが出来ます。

1Aの要約問題対策に最適であり、あらゆる長文を読むスピードも飛躍的に向上させることが出来ます。現代文の読解にもそのまま応用することが出来ます。漫然とした読み方から、必要なポイントをしっかり読み取る方法へシフトすることが出来ます。

22題掲載されていますが、私は最初の10題を繰り返しときました。

 

英作文、リスニング

過去問、あるいはZ会東大コースもオススメです。



英作文は勉強法の記事で述べましたが中学レベルの英語力の文章が書ければOKですし、リスニングもDUOのCDのスピードに慣れれば過去問をやるのが手っ取り早いと思います。

参考書も何冊か使ってみましたが、これといってぴんと来るものはなかったので紹介は控えておきます。

最後に。

長文演習には何か問題集を追加してもいいですが(問題演習のみ。読解方法はディスコースマーカー英文読解でOK)それ以外の分野についてはここであげた参考書を使い倒せば合格レベルへ持っていくことが出来るでしょう。

一度で終わらせず何度でも繰り返すことが重要です。

 

sponsord link

コメントを残す