東大文系数学の参考書

東大文系数学を勉強するに当たって私が使用した参考書を中心に評価していきます。基礎、典型問題、ハイレベル演習の3つに分けて評価しました。

			
sponsord link

難易度表
1 初学者向け
2 基礎固め
3 センターレベル
4 国公立2次レベル
5 難関私大以上(東大には不必要)

基礎

新課程チャート式解法と演習数学1+A
新課程チャート式解法と演習数学1+A
チャート式解法と演習数学2+B
チャート式解法と演習数学2+B

オススメ度:☆☆☆☆
難易度:1~3
使用時期:~夏

定番中の定番、黄チャートです。例題のみを用いて、数学の基礎力を養います。類題や章末問題にはとりくむ必要はありません。

また、青チャートでなくていいのかと気になる方もいるかもしれませんが、黄チャートで十分でしょう。

あくまでチャート式は難しい問題を解くためのものでなく、基礎力を養うものですから、この程度で十分なのです。

夏までの基礎力を養うとともに、それ以降もわからない問題が出てきたときは黄チャートに戻って学習しなおします。

本質の研究シリーズ
オススメ度:☆☆☆
黄チャートと同じく網羅系の参考書。私が再受験のときに使用した参考書ですが、基礎力養成には難しくⅡBが伸び悩む原因となってしまいました。

 

典型問題の習得

スバラシクよくわかると評判の合格!数学1・A
スバラシクよくわかると評判の合格!数学1・A
スバラシクよくわかると評判の合格!数学2・B
スバラシクよくわかると評判の合格!数学2・B

オススメ度:☆☆☆☆☆
難易度:3~4
使用時期:夏~

黄チャートが基礎力を養うための問題集だったのに対して、ここから実戦的な解法を習得するための問題集を用います。

この合格!数学は、頻出の典型問題ばかり集めた問題集で、レベルが統一されていてとても使いやすいです。レベルが統一されているため得意分野と苦手分野が解けるか解けないかですぐにわかります。

この問題集を繰り返し演習すれば、東大文系数学でも40点以上が十分見えてくるでしょう。
1対1対応の演習/数学1 新訂版
難易度:☆☆☆~
使用時期:夏~
人気のシリーズ。私は使用しませんでしたが、合格!数学と同じように使えばいいと思われます。1A2Bだと4分冊なので、そこがちょっとめんどくさい。数学1だけ紹介しておきますね。

典型問題を習得した後は、ひたすら本番レベルの演習をしましょう。とはいえここまででも十分な得点(40以上)は狙えると思います。

 

ハイレベル演習

文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B (河合塾シリーズ 入試精選問題集 4)
文系数学の良問プラチカ 数学1・A・2・B (河合塾シリーズ 入試精選問題集 4)

オススメ度:☆☆☆
難易度:4~5
使用時期:秋~

非常にハイレベルだが、質の高い問題がそろっている問題集。解説も、この問題集に取り組むレベルの生徒であれば十分。

問題数が多い上にどれも難しいので1周するのに時間がかかる。もし取り組むなら早めに取り組みたいところ。

ただし、重要なのは典型問題までを確実に習得すること。無理して取り組む必要は無いだろう。

この本に取り組む時間がなさそうなら、過去問に取り掛かったほうがいい。2次本番で60点以上を狙っていきたい受験生に。

【過去問】

最後に赤本を用いてしっかり研究しましょう。

 

sponsord link

コメントを残す