東大社会の科目選択について

今回は東大社会の科目選択について書いていきます。東大受験に当たっては2次試験でも社会が2科目必要になってきますので、どのように科目を選べばよいか迷う人もいるかもしれません。

			
sponsord link

【選べる科目】

以前はセンター試験も含めると公民含め3科目が必要だったのですが、現在ではセンター試験含め地歴から2科目でかまわないということになっています。(当記事執筆当時。必ず受験年度の入試要項を確認してください。)

世界史、日本史、地理から2科目選ぶことになるのですが、どの2科目を選んでもかまいません。そして科目選択を考える際は次のことを考慮してほしいです。

【どの科目を選ぶべきか?】

科目を選ぶ際に最も重視すべきなのは、「その科目に興味があるかどうか」だと思います。

なぜ「その科目に興味があるかどうか」で科目を選ぶべきなのでしょうか。

それは、受験生にとって1年以上かけて勉強する科目なので、興味が無いと途中でモチベーションが必ず衰えてくるからです。
(興味があっても衰えないわけではないですが、興味が無いほうが確実に勉強はしんどいですよね。)

合格するまでの長い間付き合っていく科目ですから、興味が持てるであろう科目を選択したほうが賢明です。

ここで、「●●という科目が勉強しやすいと聞いた」とかいう理由で興味ない科目を選んでしまうとあとでしんどい思いをすることになります。

2ヶ月、3ヶ月とたって初めのころのようなモチベーションがなくなってきたころに、「自分はなぜこんな面白くない科目を勉強しなければならないのか・・・?」と後悔することになるのです。

ですから、科目選択については、今の時点でいいので最も興味ある科目から選択するのがよいと考えます。

sponsord link

コメントを残す